小論文の書き方やコツを把握して試験に挑戦しよう!

まずは小論文について知る!

医療関係の専門学校や大学に入学したい場合、試験の中に小論文が含まれていることが多いです。そこで、まずは小論文についてきちんと把握することが大事ですよ。小論文とは決められたテーマやお題に沿って自分の意見を伝えることが目的となっています。その際にそう考える理由を論理的に考えて意見を書いていく必要があります。作文とは異なる意味を持つ小論文は、書き方やルールなどを押さえていきましょう。

必見!小論文で注意すべき4つのポイント

出題の意図を把握する

小論文を書くときに注意したいポイントとして、まずはテーマや出題されている内容をきちんと把握していくことが大事です。小論文にて何を要求しているのかを理解することです。また、資料や課題文も付いてる場合はその内容も読み取っていきましょう。

すぐに書き始めるのはNG

書く内容などが決まっていれば書き始めても問題はありませんが、書く内容や構成の流れなどが決まらずに書き始めるのはやめましょう。途中で書いている内容が分からなくなる可能性があるので注意したいポイントとなっています。そのため、テーマに対してどんな意見を書いていくのか先に考えることです。

言葉にも気を付ける

小論文を書く際に言葉にも気を付けることです。特に注意したいポイントは一人称です。小論文の書き方として一人称は全て「私」と統一するのが適切となっています。男性の場合は、ついつい「僕」と使いがちすが、小論文では一貫して一人称を「私」にしましょう。

細かいルールも把握する

小論文のほとんどは原稿用紙に書いていくことが多いので、原稿用紙の細かいルールにも注意していきたいです。文末はきちんと統一されているか、段落の書き出しにミスはないか、「」の使い方は適切かなどを確認していきましょう。正しい原稿用紙の使い方をしていないと、それだけで減点となってしまうので注意が必要ですよ。

小論文の書き方やコツを把握して試験に挑戦しよう!

原稿用紙

序論・本論・結論が大事

小論文の上手い書き方について、まずは「序論・本論・結論」の構成を理解していくと良いでしょう。大体の小論文はこの構成の流れで書いていくと問題ありません。序論でテーマやお題の問題提起をして、自分の意見を主張していきます。次に本論では意見の根拠を論理的に説明していくと良いです。最後に結論で、序論と本論で述べた意見を再度主張していきます。この流れで小論文が書けるようになりましょう。

過去に出題されたテーマを研究する

上手く書く方法として、志望校が過去に出題したテーマなどを研究していく方法もあります。出題傾向などをある程度研究していると、小論文を的を絞って対策することが出来るのでおすすめです。なお、医療系によく出題されるテーマなどはしっかりと書いていくと良いでしょう。

書いたら添削をしてもらおう

小論文を上達するためには、やはり何回も書くことが大切です。なお、ただ書けばいいというわけではありません。書き終わったら国語の先生や身近な人に添削を依頼するのが上手く書くコツと言えるでしょう。添削をしてもらうことによって、書き方のクセや直した方がいいところなどを発見することが出来ます。自分で書いて見直してもその部分については、中々発見するのが難しいので第三者の目を通すのが大事ですよ。また、添削してもらったら返ってきた内容を踏まえて、再度同じテーマの小論文を書くことで徐々に上達していきます。

広告募集中